虫歯の治療のために、歯医者に通う

虫歯の治療のために、新大阪にあるインプラントでも評判の歯科医院に通いました。そもそも歯医者に行くきっかけは、最近歯医者に行っておらず、口の中の状態が分からなかったため、チェックと予防のために歯医者に行きました。

 

歯医者では、はじめ歯全体の検査と掃除をするということで、歯科衛生士に歯の中を見られながら掃除をしてもらったり、歯の写真を取られたりしました。その後、先生にバトンタッチとなりましたが、そのときに奥歯に虫歯の可能性があると説明を受けて、虫歯の治療をすることになりました。

 

レントゲンの写真を一緒に見せてもらい、この歯を治療していきます、ということで治療のための手順などを書いた紙をもらいました。次の週から虫歯の治療が始まりましたが、まずは虫歯を削って、その後詰め物をするとのことで、詰め物の型をとりました。そしてその後接着剤と仮の詰め物を詰めて、その日は終わりました。

 

詰め物を作るのに、2週間位かかるということで、しばらく仮の詰め物で過ごした後に、新しい詰め物に変えました。新しい詰め物をはめるときには、何回か当てては調整し、当てては調整しを繰り返してはめていました。その甲斐あってか詰め物はしっかりと歯にハマり、今まで特に不自由なく虫歯の治療が完了しています。