歯医者で行った親知らずの抜歯が大変だった

私が初めて親知らずの抜歯を行ったのは、大阪で歯科医院一覧なら30代になってからのことでした。人気のある歯医者で「このまま放っておいたら年を取ってから苦労することになるよ」と言われ、それで抜歯の決意をしたのです。抜歯するなんて子どものとき以来だったので、抜歯前は非常に緊張しました。ですが、しなければいけないと覚悟を決め、抜歯してもらいました。

 

予想外だったのは、抜歯に時間がかかったこと、そして想像していた以上に痛かったことです。抜歯には1時間以上かかりました。しかも、その途中で気を失ってしまうのではないか、と思うほど痛みを感じました。抜歯してもらっている途中は、正直「やっぱりやるんじゃなかった」と後悔する気持ちがありました。ですが、何とか耐え切り、抜歯は無事に終わりました。

 

親知らずを抜歯するのが、まさかこんなに大変だとは思いませんでした。噛み合わせには必要ない歯ですから抜歯できたことは結果的に良かったのですが、その時感じた痛みは今でも忘れていないです。