子供の虫歯は親のせい?

子供の虫歯治療で頻繁に歯医者に通うことになると、付き添っている母親のメンタルもかなり参ってきますよね。
丈夫な歯に産んでやれなかったからだとか、歯磨きの仕方がわるかったんだろうかとか、自分をつい責めがちになります。
息子がちょうどこんな感じで、治療したと思ったらまた虫歯と言うことばかり繰り返していました。
同じ歯を何度も治療するなんて言うことはよくあることでした。
そんな時に、新しく訪れた大阪で評判の歯周病小児歯科の先生から「この子の虫歯は、お母さんのせいじゃないからね」と言葉を掛けて貰いました。
息子の歯は、エナメル質が物凄く薄くて脆いために、治療のために削ったりするとそこからまた新たな虫歯に成り易かったんだそうです。
そんなことは知りませんから、先に通っていた歯医者では虫歯の度に削ると言う行為を繰り返して、結局虫歯を広げていたようなんです。
それからは、極力削らずに虫歯を最小限に抑えつつ、永久歯に生え変わるのを待つと言うことになりました。
何れ抜けていく乳歯の先にある永久歯を見据えて治療をし続けて貰いました。
この時の先生の言葉が無かったら、母親の私の方が自己嫌悪でどうしようも無くなっていたと思います。