歯の治療はいくつになっても辛い!

私が三国の歯科医に通ったのは虫歯が原因でした。痛みはないものの下の歯の前歯横なので悪化すると目だってしまうと思い通い始めました。私は歯並びが悪く、虫歯になった歯も両隣の歯より後ろに生えていて歯と歯がかぶってしまっている少し厄介な場所でした。

 

予約をした際にも少し説明はしていましたが予想以上だったようで担当の方は治した後の矯正や、抜いてしまって差し歯にするのもありだと薦められました。結局は矯正も差し歯もせず、治療だけ施していただきましたがそれがまた辛く。

 

密着している歯の隙間のため削るのに時間がかかり口をあけ続け、施術中の唾液を吸い取るための機械は重く、かけている右頬がおそらく一番辛かったです。

 

見えてしまう位置のため銀歯のようなものではなく、歯と同じ白さの詰め物をしてくれたのですが、それをつけるための接着剤が口の中に滲んでしまい、匂いの通りのなんともいえないけどとにかく不味い味を体験しました。

 

歯医者嫌いな理由で多い音に関しては想像通りで全く気にならないのですが、削られている時の感触や吸引機の重さなど実体験はやはり辛く感じます。それは年を経ても変わらず、体験しないために今後の歯磨きは念入りにしようと思いました。

私の初めてのドタバタ歯科治療

私が初めて歯の神経辺りが痛み出したのはある印刷工場に勤めていてその仕事の後、その日の夜は、丁度会社の飲み会で東京湾の屋形船に会社専用バスで向かっていた時です。

 

元々虫歯だったからなのか仕事の疲れも重なったからなのか、あの痛みだけは本当に長時間我慢しているのが辛く、まるで針を刺したようなジン・・ジンとする痛みで中々収まらず、せっかくの飲み会が美味しいモノもロクに食べれず台無しになってしまいました。

 

次の日早速人気の高い審美歯科へと向かいました。
私が最初にビックリしたのは待合室の奥からまるで何かのドラマで聴いた事のある様なあの「キュイ―――ン」っていう音です(冷汗)。

 

これじゃあ確かに子供も嫌がるのが解ると思いました。
しばらくして奥の恐怖の診療台へ寝かされました。
男性の歯科医師1人と脇に女性の歯科助手が2人いました。

 

始めにエアーのでる道具で口の中をクリーニングしてもらい、そこでまた驚いたのが食べ粕が意外と沢山出て来た事です(冷汗)。
歯磨きを毎日しいても取れ切れていない粕が結構残されていたのです。

 

そして先生が言うには私の場合は虫歯で治療の時痛みを抑える為に歯茎に麻酔をしなくてはいけませんということでした。

 

麻酔だったら大丈夫かな?と思い若干痛みつつ麻酔を打ってもらった結果、私は治療中に今度は貧血を起こしてしまいました(冷汗)。

 

私は多少呼吸不全になりましたが先生は「ゆっくり深呼吸すれば大丈夫だよ?」と言ってくれて言われたとうりにしたら本当に楽になりました(笑)。

 

流石先生と思ったのも束の間、今度は歯を何やら削ったり、触ったりしだしたのです。

 

私は「い・・痛い・・い・い・痛い・・」と言いながらたまに歯の神経に当る様な痛みを我慢しながら、しばらくして先生は今度はガムみたいなモノで型を取り始めました。

 

そしてやっと!その日はそれで・・ん?・・無事?・・に治療を終え痛みも取れてひと安心出来ました。
今でもあの時の治療は忘れません。
ていうか忘れられません。 以上です。