歯根端切除手術を受けて抜歯回避

私は歯が弱かったため、中学生の頃に根管治療を受けたことがありました。あまり上手な歯医者さんではなかったらしく、成人してから定期検診で撮ったレントゲンの画像によると、本来なら歯の根の中をきれいにしてから、すき間なく充填されてなければいけない薬品が、歯の先端部分には入っていないことがわかったのです。しかし、痛みなどはなかったので、注意しながら現状維持ということにしていました。数年経過しても痛みは出なかったのですが、浮いたような感覚がでることがあったので、定期検診のときに江坂で評判の歯周病病歯科の先生に相談すると、提携している口腔外科での診察を勧められたのです。口腔外科でレントゲンを撮ると、歯根の先端にのう胞ができていることがわかり、歯根端切除手術を受けることになりました。麻酔をかけたので、治療時の痛みは全くありませんでしたが、歯槽骨を切るときの音と振動が大きかったので、それが辛かったです。麻酔が効くまでの時間を入れなければ、手術自体は30~40分ほどで終わりました。数針縫ってもらったので、手術後から傷の回復までの間は、親知らずを抜いた後よりも短く、またラクに過ごせたと思います。